ばら俳句 作品集 6

2023年

疫病を祓う長刀なぎなた天を突く


迎え火の風少し出ておがら燃え


車より絽の袈裟ひらり院主様


五山の火浄土へ君はゆらゆらと


夏がゆく群青の空雲泳ぎ


長茄子を夕餉の支度煮浸しに


          9月

                             

宵月夜ひとり鍵開け通夜帰り


主亡き家に夕陽の秋扇


着ては脱ぎ初秋の風に遊ばれて


ひとり居に夜の客ありいぼむしり (カマキリのこと)


首筋に雨のしづくの冷ややかな


          11月


熱闘に月も弾むか甲子園


豚汁の三日目野菜みな丸く


植木屋のハサミ軽やか天高く


秋うららバス待ちながら懐メロを


老友の赤ヘル走る照る紅葉


運転手紅葉の色を嘆くなり


          12月

   

2024年

大掃除手伝うらと牡蠣ご飯


年の暮れすべ無き友の病知る


煮しめの香満ちていっぷく大晦日


元旦に逃げての文字とアナウンス


焼け焦げた跡覆うか雪しんしん


松の内明けてゴミ出し気も新た


寒椿あや無き庭の女王様


          1月

                                                              

2024年






          

Copyright(c) 2022 RoseHaiku All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com